水素水の水素を逃さないために!保存容器で違いはあるの?

水素水の水素を逃さないために!保存容器で違いはあるの?

宇宙一小さい分子の水素水を逃がさないためにどんな容器が良いかわかりますか?

水素水保存容器

水素水の特徴!水素が逃げるってなに…?

健康に良い効果があるとして水素水が注目されています。一度試してみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。水素水は、水に水素が溶け込んだもので、色は無色です。味も普通の水と同じなので、水素水だと知らなければ気付かないでしょう。ただし、体に与える影響は普通の水とは異なります。水素水は、細胞が酸化する原因である活性酸素と結びついて無害な水に変化させる働きがあり、若々しさを保つことができるなど健康に良い効果があると言われています。

しかし、水素水に含まれている水素分子は非常に小さいため、ペットボトルなど水を入れられる容器であっても水素は抜けてしまいます。つまり、水素水を保存しておくと、いつの間にかただの水になってしまうことがあるのです。そのため、効果的に水素水を摂取するには、水素が逃げないようにすることが大切です。

水素が逃げるとどうなるの?

水素分子が逃げてしまった水素水は、単なる水になります。水素成分が溶け込んだものが水素水ですから、そこから水素だけが抜けてしまえば元の水に戻ってしまうのです。せっかく水素水を購入しても、時間の経過とともにただの水になってしまったのでは、活性酸素を水に変える働きなども期待できないため、高いお金を払ったかいがありません。

水素を逃さない容器にはどんなものがある?

水素水を購入する場合は、どんな容器に入っているものかも含めて検討する必要があります。スティックタイプは、スティックを水に入れて水素を発生させるため、水素水を作ってからすぐに飲むのであればかなりの水素濃度が期待できます。しかし、既に水素が溶け込んでいる水素水を購入し、少しの間保存しておく必要がある場合には、ペットボトルに入っている水素水は避けた方がいいでしょう。水素分子はペットボトルをすり抜けてしまうため、時間の経過とともにただの水になってしまいます。

水素が通り抜けにくい容器のタイプとしては、アルミパウチがあります。飲み口にプラスチック部分がついているものは、そこから水素がある程度抜けてしまいますが、ペットボトルと比較するとかなりの量の水素を閉じ込めておくことが期待できます。アルミパウチの中でも飲み口がないタイプを選べば閉じ込め効果はさらに上がります。トラストウォーターは4層構造の特殊なアルミパウチに真空充填していますので、高濃度を維持しやすくなっています。