水素水の濃度で比較!体への効果の違い

水素水の濃度で比較!体への効果の違い

水素水濃度

一般的な水素水の濃度とは?

ダイエットや健康面での効果が高いことで話題になっている水素水ですが、商品によって、含まれている水素の濃度が異なることをご存じだったでしょうか。水素の濃度は“ppm”という数値で表され、1ppmは、1Lの水の中に1mg含まれることを意味します。流通している水素水のうち、最も多くのメーカーが出しているのが1.2ppmのもので、これは通常のバブリング製法などで比較的簡単に作ることができます。ですから、製品として市場に出ているものの多くが、1.2ppmの水素豊富水と言われるタイプなのです。これよりも高濃度のものには、1.6ppmの製品があります。水素水に含まれる水素は生成も保存もたいへん難しい物質で、通常の気圧では1.6ppmが限界と言われています。

高濃度なものだと7ppmの水素水も!

気圧を調整して充填する技術により、高い圧力をかけて水素を溶かすことで、さらに高濃度の水素水を作り出すこともできています。例えば、トラストウォーターの水素水は、水素濃度3.0ppmという常識を打ち破る数値を出すことに成功しています。トラストウォーターの製品はアルミパウチタイプの水素水で、手軽に高濃度水素水を飲みたい人にはたいへん重宝されています。大量生産ができるため比較的安価なのも嬉しいですね。さらに最近では、超高濃度水素水と言われる7.0ppmの製品が流通しはじめています。非常に高濃度で効率よく水素を取り入れることができますが、これらの製品は非常に種類が少なく買い手側に選択肢がないことと、自分で水素水を生成する必要があるのがデメリットです。

高濃度なものほど摂取量が少なくても効果が実感できる

水素水は、さまざまな病気の原因とされている活性酸素を排除する強力な抗酸化物質である水素をたくさん含んでいる製品です。ですから、その水素がどれほど含まれている製品なのかということに注目して水素水を選ぶのはとても大切ですよね。水素がたくさん含まれているものをチョイスすれば、水の摂取量自体は少なくても効率よく水素を取り入れることができます。実際に高濃度の製品に切り替えてから、体調や美容面での効果を実感できたという人も多いようです。せっかく水素水を生活に取り入れるのであれば、充填時の水素量が多いかどうかや、水素が抜けにくい容器の製品かどうかといった点に注目して、賢く水素水を選びたいものですね。

水素水商品
浸みわたる水素水

伊藤園高濃度水素水

ビガーブライト

水素たっぷりのおいしい水

仙寿の水
内容量 500ml 200ml 500ml 300ml 250ml
水素濃度 2.2~2.8 1.9~2.5 0.8~1.2 1.8~2.7 1.2~1.6
水の産地 熊本県菊池 山形県 阿蘇山外輪系 山口県寂地川 霧島山水系天然水
通常価格 12,600円 9,007円 16,200円 10,000円 7,500円
定期価格 6,300円(初回) 7,205円(初回) 6,900円(初回) 4,750円(初回) 6,750円
100mlあたり 42円 108円 46円 39円 90円
お試し商品 あり あり なし あり あり
品質管理 実施 実施 実施 実施 実施
パッケージ 4層アルミパウチ 4層アルミパウチ 4層アルミパウチ アルミパウチ 4層アルミパウチ
おすすめ度